針交換時の注意点

針交換時、針留めネジを締め付ける際
皆様は工具で締めていますか?
もちろんドライバーや特殊ドライバー、専用ドライバーで
シッカリと締めて頂く事は良い事でOKですが…
締め付け過ぎて壊してしまうケースが時々ございます。

理想は…
手の力で締めた後、最後に
工具でキュッと軽く増し締めする程度が良いです!


締め付け過ぎて
針抱きカブや針棒を破損させてしますと
厄介な修理となりますのでお気を付け下さい!

ミシン 修理&ミシン 販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


ミシン修理受付お問い合わせフォーム窓口は こちらをクリックして下さい!
スポンサーサイト

針の交換方法。

使用する針によっても異なりますが
ジグザグ家庭用ミシンでHA針を使用する場合の基本は
針上部の平らな面が真後ろにくるようにし
針棒の溝にいっぱいいっぱいまで入れ込んで
留めネジをシッカリ締め付けて下さい。

※怪我をしない為にも
 本体の電源をOFFにして作業して下さい。


ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


針の交換時期。

針は消耗品です。
折れたり、曲がったりしなくとも交換して下さい。

「どれくらいで交換なの?」といったお問い合わせを頂きますが
縫い方や布地などによっても異なるものですが
音で判断するなら、よく言われているのが
貫通時に「プツプツ」と音がするようになったら…。
あとは針を外して
指の指紋に擦り当ててみて
引っ掛かる感じがしたら要交換です。

針先が丸くなった針で薄地など縫うと…
布地を食い込ませてしまう事もあり
大きな作業時間ロスやミシン故障に繋がりかねませんので
あまり同じ針を長く使用し続けないで下さい。

また、新しい針であっても
長年ミシン本体を保管し続けていて
いざ使用する場合は、、新しい針であっても交換して下さい。


ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。