ボビンへの糸巻き。

ボビンへの糸巻きの仕方を誤りますと
綺麗にキツク糸が巻けず
縫い時に下糸がスムーズに出ていきませんので
綺麗な縫い目が出ないばかりか
糸絡み等による故障を誘発する恐れがございますので
ブカブカ不安定に巻けてしまった場合には
必ず巻き直してから縫って下さい。


ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/



スポンサーサイト

水平釜ボビンの入れ方。

水平釜のボビンは、必ず…
糸を引き出した際にボビンが左回転するように入れて下さい。
時計の針の逆回転と覚えて下さい。

それと…糸調子をする「ミゾ」に必ず入れましょう。
機種によって多少異なりますが
ミゾにキチンと糸が入っていると
ボビンの上に糸が斜めに渡り通るような形になります。
縫い出す前にボビンの上に糸が載っているか確認して下さい。


ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。