ロックミシンの糸掛け注意点。

ロックミシンの糸掛けで注意して頂きたいのは
先にご説明させて頂いている「糸掛け順」の他に
糸調子ダイヤルの掛け方…がございまして
モデルにもよりますが、ダイヤル式糸調子機の場合
きちんと糸調子のお皿の中に糸をギュッと入れ込んであげないと
糸調子ダイヤルの役目を果す事ができませんので
ご注意下さいませ。

きちんと糸をお皿の内部に入れておらず
「ダイヤルが効かない~」と、ならないように。


ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


スポンサーサイト

ロックミシンの糸掛け順序。

本縫いミシンにおきましては
下糸を先に掛けようが、上糸から掛けようが
糸掛けの順番には決まりがございませんが…
ロックミシンの糸掛けには順番があり
取説に必ず記載されている順序で掛けないと
きちんと縫う事が出来ません。

上ルーパー → 下ルーパー
針糸は一番最後と、覚えておいて下さい。


ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


上糸掛けの重要ポイント2

天秤部への糸掛けを忘れる?事がございます。
モデルによっても天秤の見え方は異なりますが
「必ず」天秤に糸が掛かっている事を確認してから縫い出して下さい。

天秤に掛かっていないまま縫い出すと
思わぬ故障に繋がってしまう事がございますので
ご注意下さいませ。


ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


上糸掛けの重要ポイント1

モデルによって多少異なりますが…
上糸を掛ける際は、「必ず」
押えレバーを上げて押え金を上げておき
針&天秤が、ほぼ最上部にある時に
糸コマから糸がズルズル出てこないように
右手で糸コマ周辺を押えながら
糸をある程度張った状態でシッカリと掛ける事!


ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。