針が折れた後の異音(水平釜)

水平釜ミシンで針が折れたり、布地を食い込ませたりした後…
『普通に縫えるけど「シャカシャカ」とした異音が出るようになった』
という事が良くございます。

原因は内釜(ボビンを入れる黒い釜)の傷です。

針が折れた際に…
針で突いてしまったか
内釜が水平回転せず
外釜で傷を付けてしまったか
どちらかの原因が多いのです。


とりあえず↓の手順で
音のチェックをしてみましょう!

・まず針を外し
 針板も外し
 内釜(黒い釜)を外して
 糸を一切掛けずに空動作してみて
 擦れる音がするかどうかをチェック!

・↑で音がしなければ
 針だけ新しい物に交換し
 同じように空動作をしてみて
 音のチェックを!

・恐らく、↑の時点でも音はしないはずです。
 疑われますのは
 やはり内釜の傷です。

・とりあえず、内釜を入れて
 シャカシャカ音がするかをチェックして下さい。
 音がしたら………
 内釜の外周をチェックし
 バリのような傷があれば
 600~800番程度の紙やすりで
 滑らかに軽く研磨して下さい。
 その後、釜と内釜にミシン油を注油して下さい。


傷の状態がひどい場合には
内釜は消耗品なので交換となります。

ミシン 修理&ミシン 販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


スポンサーサイト

もう一度…!

ミシンをご購入頂きましたお客様より
「上手く縫えない~」と
サポートを求められる事が多くございます。

その「上手く縫えない」の状況の多くが

【糸調子が上手く取れない】
【糸が絡む】

この2つが殆どです。

で、その原因ですが…
古く経年していたり
使い込んでいるミシンではなく
新しい1~2年未満のミシンなので
やはり疑うはヒューマンエラーなので
そこのご説明をさせて頂くのですが
お客様の方では…
「今まで使えていたのに急にダメになった」
「使い方のミスは無いはず、ミシンが壊れているだろう」
と、ミシンのせいと
決めつけてしまっている事が多いんです(汗)

ですが、状況や症状から察するに
ほぼヒューマンエラー絡み…は明確でして
糸掛け等の再チェックで改善してしまう事が
最終的には殆どなのですが
↑のように「ミシンが壊れている」という先入観があり
なかなかこちらのアドバイスを
素直に受け入れて頂く事が困難な場合もございまして…(涙)


もし、縫い目等の不具合があった場合
今一度、ご自身の使い方を疑って?頂きまして(笑)
針を新しいものに替え
使用している針、糸、ボビンに問題が無い事を確認し
そして上下の糸掛けを何度かやり直してみて下さい。

お電話でサポートさせて頂いておりますと…
「あれっ、普通に縫えてくれてます~」
となる事が殆どですので!!


状況にもよりますが
ミシンを疑う前に
失礼な表現ですが
まずは「使い方」を一度疑ってあげて下さい。
でないと、ミシンが可哀想です~(笑)

ミシン 修理&ミシン 販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


NGな対処方法。

布地が食い込んだ…
糸が釜に絡まった…
↑の不動時の対処方法で
「ウオリャ~~~」と強引にプーリーを廻したり
布地を引き抜いたり、糸を抜き取ったりしては
絶対にNGでございます。

少しずつ優しく取り除いてみて
「素人にはお手上げ~」状態になりましたら
すぐに専門家にご相談下さい。

強引に「何とかしよう」とする事が
余計に症状を悪化させる事に繋がりますので
ご注意下さいませ。


ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


コンピューターミシンの誤作動対処。

コンピューターミシンにおいて
動作的に???な事がございましたら
まずは、電源のON・OFFを何度か繰り返してリセットしてみて下さい。

それから、冬場、ミシン本体が冷えていると
稀に誤作動してしまう場合がございますので
あまり寒い部屋では保管せず
使用する前に暖かい部屋で少し暖めて?から
使用してあげると良いです!


ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


まずはココをチェック!

動かない、電源が入らない、、等の不具合を除き
糸調子関係で???な時は、まず…

・針を新しい物に交換。
・上下の糸を掛け直す&入れ直す。

↑の次には…↓

・針板を外して、釜周辺のお掃除。
・内釜の入れ直し。
・軽く注油。

↑を行なってみて下さい!


ミシン修理&ミシン販売の事なら『tetettaみしん工房』にお任せ下さい!
http://www.tetetta.com/


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。